祖父母宅でもお昼寝マットがあると便利です

お金必須

ジジババの家で赤ちゃんが寝てしまった時にお昼寝マットがあると便利です。

便利というよりも無いと困るかもしれません。

我が家にも最初は用意してなかったのですが生後数か月の時に買いました。

赤ちゃんが生まれてすぐは誰かしらが抱っこしてるので、そう不便には思わなかったのですが、赤ちゃんはどんどん大きく重くなりますし、「やっぱり寝かせられる場所があったほうがいいね。」ってなりました。

パパママの家では立派なベビー布団があるでしょうが、ジジババの家ではそんなに立派なものではなくて良いですよ。

我が家が買ったのは、お昼寝マットです。

わたしは近所のバースデイっていうベビー用品のお店で買った気がしますが、楽天の西松屋でも同じようなものが売っていました。

こういうものです ↓


わたしが買ったものも2,000円弱ぐらいだった気がします。

裏に滑り止めが付いていてリビングの床に直接敷けて便利です。

でも難点が洗えないこと。

わたしが買ったお店では洗えるものが置いてなかったんですよね。

「まぁ、これぐらいの値段だし汚れたら買い替えればいっか。」と思って洗えないけど買いました。

でも、さすが楽天市場。

洗えるものもありました。 ↓


ウチの場合は洗えないお昼寝マットを買ったので敷きパッドを使ってますが、洗えるお昼寝マットの場合は敷きパッドはいらないかもしれませんね。


ウチでは使ってませんが防水シーツもあると便利です。

おもらしやうんちで汚れてもお昼寝マットまで濡れる心配がないので、ひとつあると安心だと思います。


敷きパッドが防水使用になっている防水キルトパッドというものもあるそうです。

これだったら敷きパッドと防水シーツの2つを買わないで、これだけ買えば済みますね。


もちろんマットではなく、しっかりとした布団もあります。

敷き布団に敷き布団カバーがセットになったものです。

こちらは厚さ3センチだそうで、薄々のマットよりはしっかりした厚みがあるので、赤ちゃんの寝心地も良さそうです。

敷き布団もカバーも洗えるので清潔に使えますね。

防水シーツを使いたい時は、敷き布団とカバーの間に挟みこむ感じで使えると思います。


わたしが買ったバースデイでも近所の西松屋でも楽天市場の西松屋でも、だいたいこれぐらいのお値段で買えるようです。

2,000円から3,000円くらいですかね。

ジジババの家で使うものは、立派なものはいりません。

これぐらいのもので充分ですよ。

でも無いとけっこう困るので、あったほうが絶対いいと思います。

結論

ジジババの家にもお昼寝マットはあると便利っていうか無いと困る、です。

タイトルとURLをコピーしました